story

内気で繊細な少女エイプリル(エマ・ロバーツ)は、学校で誰もが認める美人の優等生だが、進路に悩み将来の夢を描けないでいた。両親は離婚しており、母親が連れてきた義理の父親があれこれ自分に口出しすることをよく思っていない。そのためクラブでは女子サッカーチームのフォワードをまかされているが、ここのところ練習に身が入らない。

彼女は、アルバイトでサッカーのコーチであるミスター B(ジェームズ・フランコ)の息子マイケルのベビーシッターもしている。妻と別れシングルファーザーのミスターBはマイケルと2人で暮しているが、子供をかわいがってくれるエイプリルのことが気になっている。

エイプリルと同じ学校に通う少年テディ(ジャック・キルマー)は内向的な性格のアーティスト。

エイプリルに惹かれているが自分に自信がなく思いを伝えることができない。一方で、常識外れの行動で常にまわりを驚かす少年フレッド(ナット・ウルフ)とは仲がよく、夜中のドライブや公園の木をチェンソーで切り倒したりして憂さ晴らしをしている。

教え子とコーチという関係にありながら、エイプリルはある時、ミスター Bと危うい関係を結んでしまう。同世代の男の子とつきあいたいと思いながらも優しく包容力のある大人の男に惹かれてしまった。一方でテディは、飲酒運転をした罰として子供図書館で無償の社会奉仕活動に励むことになった。自分を見つめなおす時間ができた彼は、得意な絵を描くことで周囲の人間に喜ばれ失った自信を取り戻していく。

フレッドは、セックスを通してしか自分を認識することしかできない孤独な少女エミリー(ゾーイ・レビン)と出逢い関係を結んでしまう。

エイプリルはコーチに惹かれてしまったものの徐々に距離を取り始め、やがて関係を断つ決意をする。久しぶりに再会したテディと初めて向かい合ってゆっくり話ができたことがきっかけで、次第に彼の胸の内を知ることとなる。いつしか2人はお互いに心を寄せあうようになっていく。

フレッドの無軌道な行動は次第にエスカレートしていき、夜中に無理やりプールに飛び込ませようとしてエミリーと喧嘩になりそのまま別れてしまう。ムシャクシャした気持ちのままドラッグを吸い、ナイフを振りまわし親友テディとも距離を置く。自暴自棄になった彼はテディに重大な秘密を告げるのであった。